趣味は草むしりです。

日々のしょうもないことをお届けします。

四季と加齢と。

春でござる。

緑が芽吹き花が咲きだし日差し暖かく、ガーデニングには持って来いの季節。春休みは母に付いて土いじりをしてたものです。好きな季節でした。

しかし今、花粉症を発症し、自転車で移動するときの強風、しれっと強い紫外線で難儀な季節が来たと感じるようになってしまった。

今年はコロナの影響で引きこもりに拍車がかかったのにプラスしてマスク生活のせいか花粉症はそこまでなのが幸い。しかし、強風が辛い。自転車と向かい風、これでもかという位に進まず、体力が削られ、何なら行きも帰りも向かい風でどっちかはせめて追い風でしょうよ!とやさぐれてしまうので風が強いと自転車はお休み。

となると、メインの移動手段が徒歩になる。紫外線が気になるので日傘を差すがこれまた強風で差せない時がある。も~。難儀な季節だ。

それに比べて昔は暑くて嫌いだった夏がそうでもなくなった。むしろ寒いよりいい。若い頃は寒くても動けたが今は少しでも寒いと動きが鈍る。冬は冬眠したいと思っている(いえ、本当は年中寝ていたいです)。その点、夏は暑いならいっそ汗をかこうと動けるので日常生活を送るうえでは悪くない季節と思うようになった。

秋が一番好きだが昨今、秋がぎゅっと短くなったような気がしてならない。季節を感じる余裕も減っているのかもしれない。目まぐるしく過ぎる1年。年をとりました。物忘れも増えました。目先の物を購入し肝心な物は買い忘れる。えぇ、今日のことです。欲しかった本は手に入らず、しょげている目に入ったもみじ饅頭を嬉々として購入しスリッパを買い忘れたのは私です。ちなみにここ数週間、とある人の名前が思い出せず人に聞くのも悔しいので悶々としています。

f:id:chiru53:20210316225003p:plain

 

光合成。

まだ朝晩は肌寒いが晴れた日の昼間は暖かい。

コンビニまでの道のり、行く先々で花が咲きだしている。小ぶりの白い水仙かわいいなぁ。あの花は何だっけ?こんな所にも花が、なんて、ここ最近(いや、随分前から)荒み切っている心を少し癒してくれる。ありがとう。

と感謝しておきながら自宅では可哀そうな花がリビングでうなだれている。

簡単、手間いらず(的な事が書いてあった)の水耕栽培キットの球根たちだ。もちろん可哀そうな事にする為に購入したわけではない。貰ったのだ。説明書きの指示に従い、水を入れ、始めは暗所に置き、水を替え、と面倒を見ていたのだが、どうにも育ちが悪い。…わかっている、陽が足りないのだ。

たまにする日向ぼっこは好きだし、外で何かする分には晴れた日の方が良いし、快晴は気持ちが良いけれど、家の中は薄暗い方が落ち着く。明るいと目が疲れるし。

そんなモグラ的家人のせいで光合成不足に陥った球根たち、このままではダメになってしまう。モグラは考えた。地植えに変更だ。モグラは眩しい光に耐え頑張った。置物しかない寂しい鉢に球根を移植した。これで何とか元気になってくれるといいのだが、それは今後のモグラの水やりにかかっている。頑張れモグラ(私)!

f:id:chiru53:20210314170914p:plain

 

収集癖。

収集癖がある。ついでに同じものを並べるのも好きでホームセンターなどで商品が乱れているとでうずうずしてしまう。並べ直して眺めていたい感覚におそわれる。

自覚しているので日常を送るうえで注意して生活しているが可愛いものを見つけると欲しくなる。人間だもの。

その可愛いものが単品で完結しているなら問題ないがシリーズものだったり、色違いがあったりすると揃えたくなり欲と自制心が戦いを始める。注意しているだけあって大概自制心が勝つが100円均一だと5個くらいなら買いそうになって危ない。まだ自分で確実に選べるから良心的だけれど。

そう、危険なのはガチャガチャである。1回300円もするし、欲しいのが出るかは賭けだし、コンプリートしようと思ったら財布からお札が消えていく。ガチャガチャに近づかないのがベストだがこれがまたどこにでもある。見ちゃうよね~。可愛い、面白いのが沢山出てる。

1回だけと決めてたまに回す。前回はその1回で金色のバステト神(エジプトの神様)が我が家に来ることになった。机に鎮座頂いている。が問題は続く。小物は飾る、眺めるくらいで特別用途がないため自制心が働きやすいが、実用品は使うからと言って財布の紐が緩くなる。

特に文房具、文具好きは多いと思うが私もその一人だ。シャープペン、ボールペンは長年の選定から既に定番が決まっており、あまり買い替えることはない。新製品が気になった場合は良く比較して入れ替えを検討する、のに、サインペンなどのカラーペンが自制心を破壊する。全色欲しくて仕方ない。同じ形の色違い、収集癖が湧き上がる。最近もとあるペンを買い、並べてうっとり、いや、どうすんだこれ、と不安定な感じのところに限定色なんて追加で発売しやがってコンチクショー!買わせていただきます。

増えた。

f:id:chiru53:20210311110828p:plain

 

おにぎりのススメ。

親戚からご厚意で頂いたお米が底をつきそうだ。なので久しぶりにお米を購入することとする。いつもならスーパーで購入するのだが、お米屋さんのチラシを見たことを思い出す。たしかにあの通りにあったなぁ、ちょっと気になる、ということでお米屋さんに行くことにした。

店内はさほど広くなく、定番のコシヒカリや近年人気のつや姫やななつぼしなどが並んでいる。どれがいいかな~、最近のお米はどれも美味しいし、炊飯器も美味しく炊き上げてくれるので何を選んでも問題はないのだが、気になる銘柄を見つけた。聞いたことないぞ、雪若丸。だて正夢。お値段もお手頃。どっちかだな、う~ん。

説明書きを読んでみると雪若丸に気になる一言が。「新食感」。お米なのに??これは買うしかない、雪若丸ください!

すんごいイケボイスの店長らしき人が精米してくれ、少し温かい雪若丸と帰宅。

後日、炊いてみると丸々として真っ白な感じ。食べてみると、おぉ、たしかに新食感。弾力があり、ムチムチしているが粘りは少ない。味は少し淡泊だけれど、本領は炊き立てではなく、おにぎりなどにして後で食べる時だ。冷めても固くなりにくく美味しい。おにぎり好きなのでこれは良い銘柄を覚えた。おにぎりにすると食べ過ぎる現象に名はあるのだろうか。

さて学生時代はよくおにぎりを作ってもらった。まず、中学生、休みの日は朝遅くに起きる。母は畑仕事に行くのでぐうたらなわが子のためにおにぎりを握っておいてくれる。簡易海苔巻きの時もある。昼まで寝てしまったときはお昼ご飯に早変わり。高校生になると給食がないので始めはお弁当だった。しかし、お弁当箱が荷物に感じるし、洗うのも面倒、当時お弁当が必要なのは自分だけだったのでおにぎりにした。食べ終われば包みだけになるので身軽だ。おにぎりっていいな。

家を出てしまった今は母のおにぎりを食べる機会が減って残念だ(人の作ってくれたものって美味しい)。ただ、帰省して実家をあとにする時は今もおにぎりを持たせてくれる。時間的に新幹線の中で食べるのだが色んな思いで喉の奥がぎゅっとなる。涙目でおにぎりを頬張ってる人がいたら私です。そっとしておいてあげてください。

ちなみにだて正夢は粘りがあって、THE日本米。美味しいよ。本当はミルキークィーンが一番好きだけど、なかなか会えない。こちらも冷めても美味しいし、甘みがあって美味しい。そう、美味しいです。イケボイス店長、入荷して。

f:id:chiru53:20210309204311p:plain

 

虹を造る。

雨が上がった。晴れた。草むしり日和。

雨上がりの湿った土だと根っこが深く取れて気持ちがいい。根こそぎ取ってやったぜ的な。

これから芽吹いていく草をちまちま取り除いていく。最初はあれやこれや日常のことを考えながら草をむしるが、やがていかに根を長く抜き取るかに集中しだす。ある意味では無心状態、これが禅か(違う)。

根っこに何を想っているのか、根こそぐのが好きである。幼少期、タンポポの根が長いのを図鑑か何かで見てスコップを持って全部取ろうとチャレンジした。しかし、田舎の土は固く掘れば掘るほど石に当たり、根っこの先端には出会えなかった。それでも何度かチャレンジを繰り返したなぁ。暇か。

それから少し大きくなり、畑の草むしり時にはまったのがナズナ。これがまたスポッと根ごと抜けるのである。ナズナにターゲットを絞り、ナズナだけ抜く。出来上がるナズナの山、満足。いや、他も抜けよ。

幼少期の思い出はさておき、草むしり中、ふと集中力が途切れ雑念が入る。今日は陽気がいいな、駐車場のコンクリ部分が汚いな、雨の日滑るんだよな、よし、きれいにするか!草取りを投げ出し高圧洗浄機の準備をする。固いホースの絡まりを解き、準備万端、いざ出陣!順調にことは進んでいた。きれいになっていくコンクリ。霧状の水が造り出す輝く虹。上機嫌の中、ふと手を止める(高圧洗浄機は結構手が疲れる)。消えない虹。聞こえてくる水音。ホースから水が噴き出している!コンクリの角と高圧洗浄機の振動で穴が空いてしまったようだ。さっきまでの上機嫌はどこへやら、意気消沈である。ホースを見つめ途方にくれる。修理できるかな、ホース買い替えかな、あ~あ、を繰り返しながら片付ける。一旦忘れよう、草むしり草むしり、と作業をするが、中途半端にきれいになったコンクリが目に入る。あ~無心タイムに早く入りたい。

f:id:chiru53:20210307104246p:plain

 

紙派。

ぺら。ぺら。ぺら…。うとうと…。はっ!どこまで読んだっけ。ここら辺、あ、ここ読んだな。

以前より読書量は減ったけれどリラックスしてる時、現実逃避したい時の読書は至福の一時。コーヒーとお菓子もあると最高。夢中になりすぎてコーヒー冷めるパターンも多いけれど。

よく読むのはエッセイもの。ほっこりするものや自分とは違う視点に感心したりなど読みやすくて面白いものが多い。ついでショート集。前の展開とか覚える必要もなくサクッと読める。同じ作家さんの短編集も良いが、様々な作家さんを一同にしたショート集も自分の好みが垣間見れ新しい発見があったりして2度おいしい。ミステリー系も好きだがハラハラする展開に弱いためネタバレ歓迎。ハラハラしてくると先に結末をチラ見し安心して読める状況にし伏線を見つけると、ここがあれに繋がるのかと一人頷きながら読んでいる。

字は小さめで凝縮されてると読み応えが倍増する感じがしてなお良し。ついでを言えば文庫派。好きな作家さんの新刊はすぐに購入して読みたい。が、しかし、ハード本は重い。仰向けで読書するタイプではないので顔面にクリティカルヒットして痛い目にあったことはないが、重い。ので文庫派。旅のお供にも、病院のお供にも1冊(病院だといつ呼ばれるか気にして内容が入ってきにくいのが難点だが、待ち時間の長さを考えると鞄に入れてしまう)。

あとはやっぱり紙派。1枚ずつめくって黙々と読む。たまに2枚めくって話が繋がらなくて「?」となって戻ったり。あの話どの辺だったかなとパラパラめくるもまた良し。さぁ、次はどの本にしようかな。本屋さんにも行きたいな。また好みの本、作家さんが増えますように。

f:id:chiru53:20210305231040p:plain

 

やる気は存在するか否か。

やらねばならぬ事は小山ほどあるのに、ついテレビを見たりベッドに潜り込み(脱コタツしてからベッドにいる時間が増えた)スマホを見たりして、肝心な事は一向にやる気がなく様々な事が期限間近になったりしてあわあわしたりして後悔したり困ったりするのだが、どうにもやる気がない。

いつでもぐうたら寝ていたい。

そもそもやる気なんて存在しないのだ。どこかの頭の良い偉い人も言ってた、気がする。やる気がなさすぎてやる気について検索した時にそんな話を読んだ、気がする。

その時はやっぱりと納得し、やる気は存在しないのだからやる気が起きるわけがない。私は生粋のぐうたら星人なのだと開き直ったのだが、ここ最近は以前にも増してやる気がない。いや、存在しないのだから当たり前かもしれない。

いや、やっぱりやる気は存在していて私の場合、元々のやる気が少なくて、少しのことでも貴重なやる気を消費してすでにマイナスなのではないか。しかも滅多に回復しないので負債が増加、マイナスの泥沼に陥ったのではないか。だからいくらやる気を出す方法を検索して記事を読んでもまったく行動が伴わないのか。大概のことは3日坊主にすらなれず、習慣づけなんてもってのほか。ぐうたら星人の鑑として称えられる日も近いであろう。

結論を申し上げますとやる気は存在する。しかし私は枯渇したようです。残念‼

f:id:chiru53:20210304194722p:plain